オクシズ推シ!

オクシズ推シ!

記事一覧

過去の記事

オクシズ推シ! ニュース

【オクシズコラム⑲】山里の祈り~節分のオニオドシ~

節分といえば豆まき!

最近は「恵方巻」も節分の風習として

全国的に定着しつつありますね。

でも恵方巻は、

もともと主に関西方面で行われていた行事。

    

静岡にも、昔ながらの独特な風習がありました。

   

そのひとつがオニオドシ(鬼おどし)です。

IMGP2344.JPG

メカゴタテ(目籠立て)と呼ぶ地域もあります。

   

軒先に目の粗い籠を掲げて、鬼を払う行事です。

   

数年前になりますが、

オクシズ井川地区で、オニオドシ作りを見せてもらいました。

用意するものは、籠と竹竿、ハナノキ(コウバナ)とビンカです。

    

IMGP2417.JPG

     

籠にハナノキとビンカを結び付け、竹竿に吊るして軒先に立て掛けます。

IMGP2432.JPG IMGP2435.JPG

   

IMGP2438.JPG

井川では、あまり高くに掲げません。

竹竿を使わず軒下に吊るしているお宅もありました。

    

籠と一緒に飾る植物も、地域によって異なりますが、

トゲのあるヒイラギを用いるところが多いようです。

このオニオドシ、静岡県の中西部に広く見られる風習で、

かつては山間地だけでなく平野部でも盛んに行われていました。

   

一方、静岡県の東部から関東方面では、

2月8日、いわゆる事八日(ことようか)の行事です。

     

東部の伝承には、「目一つ小僧」という妖怪が登場します。

事八日にやって来る目一つ小僧が、悪さをしようと家に近づきますが、

目籠をたくさんの目と見まちがえて、恐れて逃げ帰るというのです。

    

前回紹介した小正月のダイノコと比べても、準備にあまり手間はかかりません。

地元で昔から受け継がれてきた節分行事、皆さんも一度やってみませんか?

      

   

※そのほかにもヤイカガシといって、イワシの頭をあぶって軒先に刺すことで、

 鬼を払うという節分の風習もあります。

IMGP2423.JPG IMGP2451.JPG

   

IMGP2402.JPGのサムネイル画像