オクシズ推シ!

オクシズ推シ!

記事一覧

過去の記事

オクシズ推シ! ニュース

オクシズの夕べ 第2弾!―静岡の在来蕎麦を楽しむ会―、9月2日(日)に開催!

先月から「在来蕎麦たがた」を会場に始まった

月に1度の"オクシズ推し!"イベント、「オクシズの夕べ」。

毎月1回、生産者さんやゲストを招き、

オクシズ自慢の作物と

「たがた」の美味しいお蕎麦がコラボするイベントです。

9月は、「静岡の在来蕎麦を楽しむ会」!

20180817211432-0001.jpg

収穫量が少なく、

普段、ほとんど味わうことができない

オクシズの在来蕎麦を、

この日人数限定で楽しんでいただくことになりました。

井川の在来蕎麦.JPG

IMGP7964.JPG

両河内(湯沢)、玉川、井川(小河内)の生産者さんたちも、

お蕎麦、もしくはおススメの料理を用意して、

"在来蕎麦たがた"に来てくれます。

参加には、事前予約が必要です。

ぜひご参加ください!

井川のそば畑イメージ.JPG

「オクシズの夕べ―第2回 静岡の在来蕎麦を楽しむ会―」

日 時:平成30年9月2日(日)15:00~16:30

会 場:在来蕎麦たがた(静岡市駿河区中田4-10-27)

内 容:蕎麦の食べ比べ(静岡在来蕎麦+他地域の蕎麦)

    「たがた」おすすめの一品

    生産者さんおすすめの一品

    飲み物

定 員:30名 ※先着順

参加費:3,000円(食事、飲み物付き)

申込方法:①住所➁氏名③年齢④電話番号を明記の上、

     8月31日(金)までに

     メールにて(一社)しずのわに申し込み

     shizunowa@gmail.com

玉川『桂山のひまわり畑』、一部で見ごろを迎えました!

『桂山のひまわり畑』、

連日の猛暑で、8月下旬にずれこんでしまいましたが。

やっと、一部で見ごろを迎えました。

下記のfacebookページで随時開花情報を更新しています!

https://goo.gl/cNvVXU

8月18日(土)、19日(日)には、

地元主催で「ひまわり祭り」も開催されます。

地元の素材を使ったお弁当やお菓子の販売、

「かかしコンテスト」などのイベントもありますよ!

詳細は下記のポスターをご覧ください!

ひまわり祭り1.png

ひまわり2.png

※写真は、昨年の様子です。

RIMG0515.JPG RIMG0517.JPG

速報! オクシズ縁劇祭―世界のSPACとオクシズが初のコラボ―

優れた舞台芸術作品を次々に上演し、

国内外から高い評価を受けている

SPACー静岡県舞台芸術センター。

9月29日(土)、30日(日)の2日間

静岡浅間神社で開催される「オクシズ縁劇祭」で、

SPACとオクシズがコラボすることになりました!

オクシズで語り継がれてきた「昔ばなし」が、

素敵な舞台作品に生まれ変わります。

20180816204138-0001.jpg

作・演出に、SPACの大岡淳さん、

そして、音楽は、

民俗芸能にも見識の深い作曲家、

渡会美帆さんをお迎えして、

オクシズの民俗芸能の音曲も取り入れた

舞台の制作に取り掛かっています。

公開稽古、昔ばなしの朗読など、

縁劇祭にあわせた催しも企画中!

詳細は、随時、このホームページの中で

お知らせしていきます。

ぜひ、ご注目ください!

【オクシズ・コラム③】山里の祈り―ヤマメ祭り その1-

南アルプスの玄関口、大井川上流に位置する井川地区。

その中でも最上流部の田代集落に、

信州からの移住伝承を物語る「諏訪神社」が鎮座しています。

IMGP1863 (1024x678).jpg

井川の殿様「海野家」のショイガミ(背負い神)であったといわれ、

江戸時代には、井川の"総氏神"として、広く信仰をあつめてきました。

この神社の大きなお祭りは、

毎年8月26日、27日に執り行われる例大祭です。

とくに26日の夜は、井川全域から多くの人々が集まり、

花火や踊りで賑やかに過ごすことから、「六夜(ろくや)さん」、

また、この祭りで神にささげる供物の特徴から、

「ヤマメ祭り」とも呼ばれています。

ヤマメずし (1024x768).jpg

写真は、「ヤマメ祭り」の名のもとになったヤマメずしです。

普段は禁漁区とされている

神聖な谷「明神谷」で釣ってきたヤマメの腹に、

焼畑で栽培したサカアワ(粟)を詰めたもので、

かつての山の暮らしを象徴する特別な神饌です。

明神谷でヤマメを釣ってくるのは、8月20日。

その年の、当番組の人々が、前の日から明神谷の奥深くまで入り、

35匹以上のヤマメを釣りあげてきます。

IMGP5380 (1024x678).jpg

IMGP5188 (1024x678).jpg

IMGP5236 (1024x678).jpg

そして、明神谷のカヤゴヤという場所で、20日の正午ころから

「魚(うお)釣り祭り」という、ヤマメの捕獲儀礼を執り行います。

カヤゴヤは、昔から、魚釣り祭りの祭場とされてきた場所です。

IMGP5201 (1024x677).jpg

雑木を三本足に組んだカワクラに、釣ってきたヤマメを吊るし、

神事が始まります。

IMGP5305 (1024x678).jpg

魚釣り祭(ヤマメ祭) (1024x678).jpg

このお祭り、昔から男性のみで行うものとされてきましたので、

地元の女性も、祭りの場には入りません。

また、神事のさなか、釣竿をカワクラに立てかけておくと、

豊漁に恵まれるといいます。

神事を終えると直会です。

IMGP5283 (1024x678).jpg

直会では、当番組ごとに思い思いの食事が、振舞われます。

この年は、釣ったばかりのヤマメを焼いて

ダシをとった味噌汁でした。

具材には、当番組の人々が持ち寄った

地元の旬な野菜が使われています。

      

DSC00654 (1024x681).jpg

また、魚釣り祭りの大切な神饌として

ヤマメのハラワタで作った塩辛も振舞われます。

こうして釣りあげてきた、ヤマメは、イタドリの葉に包み、

集落へと持ち帰ります。

DSC00652 (1024x683).jpg

イタドリの葉で包むのは、酸味があり、防腐剤として利用できるからです。

       

DSC00658 (1024x683).jpg

       

持ち帰ったヤマメは塩漬けにされ、

祭り前日まで、神官のお宅に保管されます。

IMGP5398.JPGのサムネイル画像

IMGP5430 (1024x678).jpg

                               (つづく)

南アルプスユネスコエコパーク井川ビジターセンターで食事して、オクシズの夏を満喫!

廃線小路や井川湖渡船、キャンプ

温泉に、夏スキー、自然散策

IMGP7597.JPG モデルコース (81).jpg

01-014-04井川湖渡船(自然の家側).JPG 巨木の森.JPG 01-004-04白樺 内湯.JPG 井川キャンプ場.JPGのサムネイル画像

この夏を楽しむアイテムが満載の

オクシズ井川地区。

その井川の中心地、本村にある

南アルプスユネスコエコパーク 

井川ビジターセンター。

井川ビジターセンター.JPG

食堂のメニューを

リニューアルしました!

IMGP1585.JPG IMGP1580.JPG

人気の鹿肉カレイライスや

南アルプスの大自然の中で育まれた

美味しい野菜たっぷりのパスタ。

IMGP1610.JPG

新メニューの

ヤマメの唐揚げ定食のほか、

いつも、

この食堂を利用していただいている皆様のために

日替わりの洋食っぽい定食、

和食っぽい定食も用意しています。

IMGP1604.JPG

さらにさらに!!

どのメニューにも

井川の旬の野菜を使った

サラダバーと漬け物バー

そしてソフトドリンクも付きますよ!

IMGP1588.JPG

とくにこの季節

自家製の冷たい甘酒がおすすめです!

IMGP1612.JPG

ほどよい甘さで元気回復。

井川の夏を満喫しましょう!