オクシズ推シ!

オクシズ推シ!

記事一覧

過去の記事

オクシズ推シ! ニュース

【オクシズコラム⑮】風景を味わう―清沢レモン―

今年も清沢レモンの収穫の季節を迎えました。

地元の交流施設「きよさわ里の駅」に

地域の農家の皆さんが

収穫したばかりのレモンを次々と運び込んできます。

きよさわ里の駅外観.JPG

IMGP5799.JPG

IMGP5819.JPG

今年も鮮やかに色づいていますね。

IMGP5818.JPG

IMGP5809.JPG

清流・藁科川沿いの各集落で転々と、

すべて農薬を使わずに栽培しているレモンです。

IMGP5414.JPG IMGP5829.JPG

   

IMGP5832.JPG

      

オクシズ清沢地区でレモンを栽培しはじめたのは、

平成23年から。

ごくごく最近のことです。

低迷の続く農林業の打開策として、

鳥獣害の少ないとされるレモン栽培を選択してきました。

とはいえ、主に温暖な場所を適地とするレモンです。

山間の集落で栽培するのは、苦労の連続だったことでしょう。

平成26年に500㎏だった収穫量は、

農家の皆さんの知恵と努力で、2tを越えるようになり、

清沢といえば"レモン"!と誇れるほどの

地域を代表する特産物になりました。

清沢レモンといえば、

なんといっても、「特徴的な加工商品の数々」ですよね!

    

きよさわ里の駅.JPG

      

なかでも代表的な商品といえば、「清沢式ぶっかけレモン」!

CIMG0653.JPG

      

唐揚げ、焼き肉、焼き魚・・・

何にでも使える万能調味料です。

この商品を開発したのは、地域に住む若いお母さんたち。

今では市街地のみならず、

県外にも取り扱う店舗が出てきました。

栽培する農家さん、

そしてアイデア豊富なお母さんたちとのタッグで、

地域を代表する特産品となった清沢レモン。

レモンそのものの味も評価されるようになり、

アオイブリューイングの清沢レモンビールや、

市内各居酒屋店の清沢レモンサワーなど

連携する事業者も続々と増えています。

自治会からレモン事業を受け継いだ

明るいお母さんたちの活躍とともに

今後の展開が楽しみな「オクシズ推し!」の商品です。

【オクシズコラム⑭】山里の祈り―野田平の送り神―

「送り神を送れ、送れ送れ送れよ、

 今年の節季はどうするだ、どうにかこうにか送らずよ」

年の瀬の寒空にこだまする「送り神」の唱え事です。

      

静岡市街地から安倍川を30分ほどさかのぼり

賤機都市山村交流センター「安倍ごころ」(葵区牛妻)を

通り過ぎたあたりから

前方の山の中腹に野田平の集落がみえてきます。

    

IMGP8230.JPG

野田平は「のたひら」と読みますが、

地元では「のんだいら」とか「のんでーら」

と呼んだほうがなじみ深いようです。

ここ野田平に「送り神」(動画有)と呼ばれる

珍しい民俗行事が伝えられています。

毎年12月14日の夜、村の人々が集まり、

竹と棕櫚(しゅろ)の葉で作った輿(こし)を担いで

村はずれまで練り歩くという行事です。

IMGP0722 (1024x679).jpg

「送り神を送れ!」 大きな声で唱えながら、大人も子供も一緒に練り歩く

IMGP0725 (1024x677).jpg

手作りの輿(こし)

IMGP6561 (678x1024).jpg

最後に輿を村はずれにおさめる

     

輿の中には、馬にまたがった武者の藁人形が

納められています。

IMGP0678 (1024x678).jpg

IMGP0699 (1024x677).jpg

またハナイネといって、洗米を和紙に包み、

身体をなでて穢(けが)れをはらったものも輿の中に納めます。

IMG_3346 (1024x769).jpg

IMGP0714 (1024x678).jpgのサムネイル画像

送り神という行事は、静岡、長野、愛知一帯で

とくに盛んに伝承されてきました。

子どもたちが、竹笹で家々の軒先をはらい回ったり、

鉦(かね)と太鼓を鳴らしながら藁人形を引いてまわったり

と、祭りの形も地域ごとにさまざま。

野田平では12月14日を祭日としていますが、

他地域では「コト八日」の日に行われるのが一般的です。

    

コト八日とは、

12月8日と2月8日を指しています。

わが国では、この日を特別な祭り日としてきたようで、

とくに厄除けの行事を行う地域が広くみられます。

      

静岡市内の送り神は、

「手作りの輿をこさえ、輿の中に藁人形を納める」

というところに特徴があります。

かつては、オクシズのみならず、

市街地でも盛んに伝承されていたという記録があり、

まさに静岡市を代表する民俗行事の一つでした。

しかし、今も続けているのは

野田平だけとなっています。

      

人々が忘れかけている民俗行事。

野田平では、

その年の厄をはらい、新たな年を迎える行事、

また、地域に暮らす人々の親睦も兼ねた行事として、

今も大切に受け継がれています。

IMGP6562 (1024x678).jpg

東京・世田谷で、出張「オクシズ料理教室」を開催しました!

東京都世田谷区にある松陰会館で、

オクシズ在来作物を使った料理教室を開催しました!

オクシズの魅力を世田谷から発信してくれている

Gokigen3とのコラボ企画。

IMGP9433 (1024x681).jpgのサムネイル画像 IMGP9499 (1024x661).jpg

東京都内のみならず、埼玉や神奈川県からも

定員を超える30名近くの皆さんが

参加してくださいました。

IMGP5680 (1024x681).jpg

在来種を使ったこんにゃく作りを中心に

きび飯やカブの浅漬けにも挑戦。

IMGP5696 (1024x681).jpg 

IMGP5705 (1024x681).jpg IMGP5702 (1024x681).jpg

最後に商品開発中の雑穀クッキーと一緒に

井川の在来茶を味わってもらいました。

IMGP5757 (1024x681).jpg IMGP5760 (1024x681).jpg

IMGP5770 (1024x681).jpg

親子連れの参加者が多かったのですが、

子どもさん達にも作りたての

こんにゃくや浅漬けが大好評!

オクシズの素朴な食を

堪能していただけたと思います。

世田谷線松陰神社前駅すぐそばにある

Gokigen3では、

毎週金、土曜日に

オクシズの野菜や加工品を販売しています。

IMGP9452 (1024x679).jpg

定期的に料理教室などのイベントも

開催していきます。

ぜひ、ご参加ください!

【オクシズコラム⑬】オクシズにも「来訪神」!?

11月29日、ユネスコが「来訪神-仮面、仮装の神々-」を

世界無形文化遺産に登録することを決めました。

異形の姿をした神々が、正月などその年の折々に

集落や家を訪れ、幸福をもたらす。

登録されたのは秋田県の「なまはげ」や鹿児島県の「トシドン」など

我が国を代表する8県10の「来訪神」です。

    

実はオクシズに伝わる民俗芸能の中にも

「来訪神」ともいうべき演目を伝えるものがあります。

    

まずは、藁科川上流、日向集落に伝わる七草祭

七草祭りは一年のはじめに、稲作の所作を予め演じることで

その年の豊作を願う「田遊び(たあそび)」と呼ばれる

芸能を奉納することで知られています。

    

IMGP1753.JPGのサムネイル画像

この祭りの途中で登場するのが、

「浜行(はまゆき)」「若魚(わかいお)」という

ひょっとこ面をかぶった道化役です。

IMGP1686 (1280x850).jpg

IMGP1683.JPG

ユーモラスに会場内を練り歩き、

山の幸、海の幸をプレゼントして帰るという演出で、

この祭り一番の人気者といえます。

IMGP1702.JPG

その場を盛り上げる道化役である一方、

田遊び芸能を奉納する前に、

シオバナでその場を清めるという

重要な役割を担った登場人物でもあるのです。

   

一方、

オクシズの多くの地域で伝承されている「神楽(かぐら)」では、

「大助(おおすけ)」と呼ばれる来訪神が登場します。

    

大助は100歳を超えるおじいさん。

オクシズで神楽を奉納していると聞き、

はるばる伊勢の国から俵いっぱいの土産物を持って

お祝いにかけつけます。

DSC01271.JPG

井川神楽

    

IMGP8491.JPG

横沢神楽

    

IMGP5756.JPG

清沢神楽(動画有)

     

IMGP4927.JPG

有東木神楽(動画有)

     

IMGP7234.JPG

梅ヶ島新田神楽(動画有)

     

      

オクシズの神楽は伊勢から伝わったという伝承があり、

大助は、神楽の成り立ちを象徴する役柄

といってもよさそうです。

見せ場は、

大助とともに舞台に登場する恵比寿(えびす)さんや

会場のお客さんとの即興のやりとり。

アドリブを聞かせながら、面白おかしく

土産物を地域の人々に振舞っていきます。

     

DSC01278.JPG

     

IMGP2132.JPG

    

    

神楽の伝承者の中でも、

とくに芸達者な人が担う演目です。

   

さらに、梅ヶ島新田の初午祭では、

神楽とともにチキドンという門付け芸が披露されます。

    

チキドンと呼ばれる門付け芸もある (1280x853).jpg

    

若者が思い思いの面をつけて、

「チッキ、チキチキ、チキ、ドンドン・・・」という

独特なお囃子を奏でる中、

家々を門付けて巡ります。

   

DSC06066.JPG

チキドンは、子どもたちの人気者。

「なまはげ」など今回世界無形文化遺産に登録された行事と

よく似ていますよね!

ただし、梅ヶ島新田のチキドンは、

若者の舞台芸から生まれた比較的新しい演目のようです。

そうだとしても戦前からやっていたということですから、

すでに70年以上の年月が流れている梅ヶ島の伝統芸。

今ではチキドン見たさに、

よそからも大勢のお客さんが詰めかけるようになりました。

皆さんもぜひ、オクシズ各地の伝統行事、

訪ねてみてください。

各地の行事の開催時期は、

随時このホームページでもお知らせしていきます!

オクシズ紅葉情報!ー「やすらぎの森」の紅葉、もう少し楽しめそう!!ー

オクシズ両河内地区にある「やすらぎの森」の紅葉、

もう少しの間、楽しめそうですよ!

          

DSC06194 (1024x683).jpg

    

IMGP5651.JPG

      

DSC06265 (1024x683).jpg

    

IMGP5638.JPG

      

落葉のじゅうたんも素敵です!

DSC06277 (683x1024).jpg

     

市営温泉「やませみの湯」やお食事処「たけのこ」のお蕎麦。

ちょっと足をのばして

グリーンエイトカフェ

こだわりの緑茶、和紅茶でほっと一息。

DSC05856 (1024x683).jpg

初冬のオクシズもいいですね!

週末は、オクシズでゆったりとした時間を

お過ごしください!

      

DSC06165 (1024x683).jpg

撮 影:冨田和政(オクシズ地域おこし協力隊) ※一部を除く

撮影日:平成30年11月27日