オクシズ推シ!

オクシズ推シ!

記事一覧

過去の記事

オクシズ推シ! ニュース

【オクシズコラム⑲】山里の祈り~節分のオニオドシ~

節分といえば豆まき!

最近は「恵方巻」も節分の風習として

全国的に定着しつつありますね。

でも恵方巻は、

もともと主に関西方面で行われていた行事。

    

静岡にも、昔ながらの独特な風習がありました。

   

そのひとつがオニオドシ(鬼おどし)です。

IMGP2344.JPG

メカゴタテ(目籠立て)と呼ぶ地域もあります。

   

軒先に目の粗い籠を掲げて、鬼を払う行事です。

   

数年前になりますが、

オクシズ井川地区で、オニオドシ作りを見せてもらいました。

用意するものは、籠と竹竿、ハナノキ(コウバナ)とビンカです。

    

IMGP2417.JPG

     

籠にハナノキとビンカを結び付け、竹竿に吊るして軒先に立て掛けます。

IMGP2432.JPG IMGP2435.JPG

   

IMGP2438.JPG

井川では、あまり高くに掲げません。

竹竿を使わず軒下に吊るしているお宅もありました。

    

籠と一緒に飾る植物も、地域によって異なりますが、

トゲのあるヒイラギを用いるところが多いようです。

このオニオドシ、静岡県の中西部に広く見られる風習で、

かつては山間地だけでなく平野部でも盛んに行われていました。

   

一方、静岡県の東部から関東方面では、

2月8日、いわゆる事八日(ことようか)の行事です。

     

東部の伝承には、「目一つ小僧」という妖怪が登場します。

事八日にやって来る目一つ小僧が、悪さをしようと家に近づきますが、

目籠をたくさんの目と見まちがえて、恐れて逃げ帰るというのです。

    

前回紹介した小正月のダイノコと比べても、準備にあまり手間はかかりません。

地元で昔から受け継がれてきた節分行事、皆さんも一度やってみませんか?

      

   

※そのほかにもヤイカガシといって、イワシの頭をあぶって軒先に刺すことで、

 鬼を払うという節分の風習もあります。

IMGP2423.JPG IMGP2451.JPG

   

IMGP2402.JPGのサムネイル画像

2月11日(祝)の「オクシズの夕べ」は、"梅ヶ島の山の恵みを楽しむ会!!"

オクシズ推し!のお蕎麦屋さん

「在来蕎麦たがた」を会場に定期的に開かれている「オクシズの夕べ」。

     

12月、1月はお休みでしたが、2月は久々に開催されます!

    

IMGP5228.JPG

    

    

開催日は2月11日(月・祝)。

梅ヶ島地区にスポットをあてることになりました。

梅ケ島温泉街お湯のふるさと紅葉.jpg 梅ヶ島温泉.JPG

戸持.JPG

     

安倍奥の温泉郷として広く知られる梅ヶ島。

その豊かな自然の中で育まれた食材を、

"たがた"で味わうことができます!

有東木わさび.JPG

IMGP8627.JPG

蕎麦打ち.JPG

ぜひご参加ください!

※参加には、事前予約が必要です。

     

「オクシズの夕べ―梅ヶ島の山の恵みを楽しむ会―」

日 時:平成31年2月11日(月・祝)15:00~16:30

会 場:在来蕎麦たがた 静岡中田店(静岡市駿河区中田4-10-27)

内 容:Point1 梅ケ島のアレコレをわさび農家の杉山さんに聞いてみよう!

Point2 梅ケ島のおいしい素材を味わってみよう!

Point3 【夕べ限定】お店に出ない稀少な「オクシズの在来蕎麦×たがた」を堪能しよう!

    

メニュー:・梅ケ島の新鮮わさびでいただく里いも

・素材を味わう梅ケ島の手作りこんにゃく

・梅ケ島しいたけの一品

・オクシズのお蕎麦

・梅ケ島×ちゅるりん麺

   

定 員:30名

参加費:3,000円

申込方法:メールにて申し込み

     (一社)しずのわ e-mail:shizunowa@gmail.com

2月3日(日)きよさわ里の駅「ぼたん祭り」開催!!

平成31年2月3日(日)、きよさわ里の駅にて毎年大好評の『ぼたん祭り』が開催されます!

「ぼたん」と言っても、植物ではなく今年の干支「イノシシ」の肉のことなんです。

イノシシの肉が「ぼたん肉」と呼ばれるようになった由来は諸説あるそうですが、そう呼ばれるようになったのは江戸時代で、当時は獣肉を食べることが禁じられていたため、当然イノシシの肉も食べてはいけないもの。そのため隠語として猪肉を「ぼたん」と呼ぶようになったと言われています。他にも馬肉を「さくら」、鹿肉を「もみじ」と植物の名に呼び名を変えて呼ばれており、それが今でも残っているようです。

そして、そのぼたん肉をおいしくいただくイベントがこのぼたん祭りです!

当日は猪肉コロッケ、猪肉まん、猪肉おでんなど、この時期にしか味わえない季節限定品が店頭に並びます!

その他、大人気の焼きたて「よもぎきんつば」や地元のきよさわレモンを使った「ぶっかけレモン」「レモンキャンディ」もおすすめです♪♪

ぜひ、ご家族・ご友人とご来場ください!!

ぼたん祭り.jpg

ぼたん祭チラシ2019.pdf

 

日 時:平成31年2月3日(日) 10:00~13:00

場 所:清沢ふるさと交流施設「きよさわ里の駅」(静岡市葵区相俣200番地)

主 催:NPO法人フロンティア清沢

問合せ:きよさわ里の駅 ℡054-295-3783

第2回焼き畑フォーラムが開催されます!

3月16日(土)、静岡県男女共同参画センター「あざれあ」にて、第2回焼き畑フォーラムが開催されます。

 

全国から北は山形、南は熊本、宮崎などから焼き畑農法に取り組む8つの団体が集結し、各地の活動について発表するほか、有識者の方々をお招きしてのトークセッションなどが予定されており、「焼き畑」を軸にして里山再生・地域振興などを考えるプログラムとなっています。

 

オクシズでも葵区井川地区では毎年焼き畑に取り組んでおり、昨年からは焼き畑を体験できるイベントなども開催されています。フォーラム当日には、それらの取り組みについて発表予定です!

 

また、会場内では普段なかなか市場に出回らない焼き畑農法で栽培された在来作物なども販売されるそうなので、焼き畑農法や在来作物に興味がある方、ぜひご参加ください!

 

 【焼畑F】チラシおもて_後援確定_JPG.jpg

 【焼畑F】チラシうら_後援確定_JPG.jpg

今年の「日向の七草祭」は2月11日(祝)開催です!

市内唯一の田遊び系の民俗芸能として知られる

「日向の七草祭」(動画リンク)

毎年旧暦の1月7日に行われていますが、

今年の祭日は2月11日です。

IMGP7878 (1).JPG

田遊びとは、

年の初めに稲作の工程を、予め演じることで

その年の豊作を願う伝統的な芸能で、

「日向の七草祭」は静岡県の無形民俗文化財に指定されています。

今年の開催日はちょうど祝日。

ぜひ、お出かけください!

IMGP2909 (1).JPG

IMGP1761 (1).JPG

DSC05875 (1).JPG IMGP1683 (1).JPG

<日程>

平成31年2月11日(祝・月)

 10:00~ 日の出の祈祷

 18:30~ 夜祭り(芸能の奉納)

 ※いずれも会場は福田寺観音堂(静岡市葵区日向)