移住情報

記事一覧

過去の記事

移住情報

空き家提供希望者の手続き

 

 市の中山間地域にある、売却(譲渡)または賃貸が可能な空き家について、所有者から情報を収集・登録し、その情報を市のホームページ等で移住希望者に公開します。

 移住希望者から、売却(譲渡)または賃貸の協議の申込があった場合は、移住希望者の情報を所有者に提供しますので、契約の交渉を開始していただきます。

 ただし、契約交渉に関しては、市は関与できませんので、直接当事者同士で行うか、市と協定を結んだ宅建業者の仲介を受けていただきます。

 

 

【募集する住宅(空き家)の内容】

 市の中山間地域にあり、移住者への売却(譲渡)または賃貸が可能な空き家

※物件によっては、法令(都市計画法における市街化調整区域指定等)により売却(譲渡)、賃貸が困難な物件がありますので、ご確認のうえご応募ください。


【空き家情報バンクへの登録方法】
 
 「住宅登録申請書」と「住宅登録カード」を中山間地振興課に提出していただきます。

 

  【住宅登録申請書】 空き家情報バンク住宅情報登録申請書(pdf版).pdf

            空き家情報バンク住宅情報登録申請書(word版).doc 

 

  【住宅登録カード】 空き家情報バンク住宅情報登録カード(pdf版).pdf

            空き家情報バンク住宅情報登録カード(word版).doc 


 

【利用要件】

 空き家情報バンクの目的を達成するためには、移住者が移住先の地域(コミュニティ)にスムーズに受入れられる必要があります。

 また、移住者自らも、地域の自治会等に加入し地域活動に積極的に参加していく必要があります。

 そのためには、利用に際して次のことに同意していただきます。
 

 

<住宅(空き家)所有者(同意事項)>

①住宅登録カードの内容については、空き家情報バンク利用者、空き家が所在する自治会、仲介を依頼する宅建業者に提供すること。

②空き家情報バンクに登録した内容のうち必要な情報の一部を公開すること。

③中山間地域への定住及び自治会への加入等地域住民と協調して生活することが見込まれる移住者と契約すること。

④空き家の所在する自治会の意見を十分尊重し、移住者を選定し契約すること。

⑤契約に係る協議、契約内容については、当事者間で責任を持つものとし、市はこれに関与しないこと。

⑥宅建業者に仲介等を依頼した場合、宅地建物取引業法に基づく報酬を支払うこと。

⑦申請手続きにおいて、市の担当者が家屋及びこれに関連する課税資料を閲覧すること。

 

【運用方法】

 空き家情報バンク(ウェブサイト等)で、ご登録していただいた情報を公開していきます。

 

①住宅登録申請書類の提出
 市の中山間地域にある、売却(譲渡)・賃貸が可能な空き家について、空き家情報バンクに登録を希望する所有者から住宅登録申請書、住宅登録カードが提出されます。
 
②現地調査 
 申請書等が提出された空き家等について、必要に応じて市の職員等が住宅登録カードの内容について現地調査を行った後、空き家情報バンクに登録します。

③ホームページでの公開
 登録した空き家情報については、市のホームページや中山間地振興課等で公開します。

④移住希望者からの協議申込
 ホームページを見た移住希望者が契約交渉を希望する場合は協議申込書等を提出します。

⑤地域との連絡調整
 地域と連絡を取りながら移住(入居)希望者との受入条件や選考等について協議や調整を行います。

⑥契約交渉
 協議申込書が提出された物件について、移住希望者の情報を所有者の皆様に提供しますので、賃貸、売却条件の交渉を行っていただき、条件が合意された場合は契約を締結していただく事になります。
 ただし、契約交渉に関しては市は関与しませんので、市と協定を結んだ宅建業者の仲介を受けるか、または直接当事者同士で行うことになります。 


※注意事項 
 ・市は仲介及び契約に関するトラブルについては、一切関与しません。
 ・宅建業者による仲介の場合は、宅地建物取引業法に定められた手数料が発生します。

 

 

 

【関連リンク】

  社団法人静岡県宅地建物取引業協会

  社団法人全日本不動産協会静岡県本部