静岡市からのお知らせ

記事一覧

過去の記事

静岡市からのお知らせ

清水森林公園 体験講座「種まきからの蕎麦作り」のご案内

清水森林公園やすらぎの森にて体験講座「種まきからの蕎麦作り」を開講いたします。

日程や申し込み方法などの詳細はこちらをご覧下さい。→H30蕎麦づくり.pdf

口坂本温泉浴場の臨時休業について

口坂本温泉浴場につきましては、設備修繕等のため、平成30年7月17日(火)から平成30年7月27日(金)までの営業に関しまして休業とさせていただきます。

ご利用の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力よろしくお願いします。

またのお越しをお待ちしております。

笑味の家・たけのこの臨時休業について

清水西里「笑味の家・たけのこ」につきましては、大雨のため、本日7月6日(金)の営業に関しまして休業とさせていただきます。

ご利用の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力よろしくお願いします。

またのお越しをお待ちしております。

平成30年度 藁科都市山村交流センター『わらびこ』交流講座のお知らせ(鮎友釣り)

藁科都市山村交流センター『わらびこ』で鮎友釣り講座を開講いたします。

日程や申し込み方法などの詳細はこちらをご覧下さい。→藁科都市山村交流センター_講座チラシー.pdf

わらびこからのお知らせ[7月の行事予定]

わらびこから7月の行事などについてお知らせいたします。

詳しくはこちらのカレンダーをご覧ください。→わらびこ予定表(30.7).pdf

オクシズイベントカレンダー(7月分)

無題.png

わさび仙人.jpg(わさび仙人)

※講座によっては満員御礼(締切)の可能性もございます。事前に各主催者まで確認いただきますようお願いいたします。

梅ヶ島地区、大川地区で集落支援員を募集します。

静岡市では、中山間地域の集落の状況を把握し、集落運営をサポートしていただける集落支援員を募集します。

【集落支援員について】

1 活動内容   

(1)担任活動地区内集落の巡回及び状況把握

(2)担当活動地区内で実施される集落の会合等への参加、住民の意見の聴きとり

(3)市や集落の住民が行う振興施策への協力

(4)中山間地域ホームページの更新(情報提供)

(5)中山間地域集落の振興に関し、市が必要と認める活動及び報告

2 担当地区  葵区梅ヶ島地区、葵区大川地区

3 任  期  平成30年10月1日(予定)から平成31年3月31日まで(勤務成績が良好な場合、任期を1年ごと更新します。最大5年)

4 報  酬  月額 118,900円(予定)※概ね週30時間程度勤務(勤務日は不定期)手当(通勤手当、時間外手当等)なし、社会保険あり

5 その他 採用後は市の非常勤嘱託職員となり、地方公務員法等が適用され、信用失墜行為の禁 止、守秘義務等が課せられます。

【応募要領】

1 応募資格

(1)担当地区において上記活動が実施できる者

(2)静岡市の中山間地域の振興に熱意を持つ20歳以上の者

(3)普通自動車運転免許を有し、山間地域の運転が可能な者

(4)本市の職員(職員に準ずる者も含む。)又は市議会議員でない者

(5)地方公務員法第16条(別記参照、ただし準禁治産者を含む)に該当しない者

 

2 応募人員  各地区1人

3 応募方法

(1)提出書類  静岡市集落支援員応募申込書を1部提出

(2)提出先   〒421-1212 静岡市葵区千代538番の11

         静岡市経済局農林水産部中山間地振興課企画係

         ※郵送可

(3)提出期限 平成30年8月20日(月)必着

5 選考方法  書類及び面接により決定します。

(1)面接日時  平成30年8月27日(月)10時~

         (1人につき20分程度を予定)

(2)面接場所  〒421-1212 

         静岡市葵区千代538番の11 林業センター第1研修室

(3)結果通知  結果については9月中旬までに郵送で通知します。

(4)そ の 他   合格者は別途指示する必要書類の提出が必要となり、当該書類の確認

後採用となります。    

6 関係書類   申込書はこちら→  集落支援員応募申込書.doc

                   集落支援員応募申込書.pdf

                 

7 問合せ先   静岡市役所 経済局農林水産部中山間地振興課企画係

         TEL 054-294-8805

         FAX 054-278-3908

         Email chuusankanchi@city.shizuoka.lg.jp

別記

【地方公務員法(抜粋)】

第16条 次の各号の一に該当する者は、条例で定める場合を除くほか、職員となり、又は競争試験若しくは選考を受けることができない。

(1)成年被後見人又は被保佐人

(2)禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることなくなるまでの者

(3)当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者

(4)省略

(5)日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者