移住者さんの生活記録

春の肥料かけを終えて

オマチではそろそろ、ソメイヨシノが咲きはじめましたね。

大川地区では、ヤマザクラはまだですが、そろそろ木の芽が動き始める季節に入りました。お茶農家さん達も、春の肥料かけと「ならし」作業を終えて、やれやれ...とお彼岸をご先祖さまと一緒に過ごしているようです。おはぎ、きなこもちをお裾分けいただきました。

 

「ならし」は、新芽が伸びてくる前に、冬の間にいたんだ葉をおとしておく作業です。新茶がきれいに仕上がるそうです。具体的には、お茶の木を一畝ずつ、なでるように丁寧に、茶刈り機をかけていきます。また、肥料かけも軽い作業ではありません。足場のわるい斜面を、20キロの肥料袋をかかえて登ります。肩掛けバケツなどで畝間を歩きながら、かけていきます。しかもそれでおしまいではなくて、また畝間をもう一回りしながら、クワなどで軽く耕しながら土と合わせていきます。

 

その作業をしながら、イノシシにあけられた穴を直したり、伸び始めた草を抜いたりもします。

山際の斜面では、風の吹いたあとなど、落ち葉をのけてあげるだけでも一仕事です。それでも、お日様がよく当たるように、よく育つようにとていねいにのけていきます。

 

マツの葉をとり、コナラの葉をとり、畝間の土と肥料や、刈りおとした茶の葉と合わせて、さくさくとクワを進めました。秋に敷き詰めたワラやカヤは、もう土に還ろうとしていました。そうやって開拓以来、ひいおじいちゃんもおばあちゃんも、何百回何千回と畝間を歩いてきたんだろうなと考えました。そうやって育ってきた土なんだなと思いました。

平地の広いところで、機械でできる茶畑とは違う、山間部のお茶の味は、そうやって生まれるんだと思います。多様な葉っぱが年月をかさねて、山の水や空気に触れて育つ土と、お茶農家さんの足音をきいて育つ茶の木なんだなあと、腰を伸ばして考えました。

 

冷涼な山間高地でそだつお茶は、新茶の時期が遅いというだけで、なかなか良い値がつきにくいとききます。時期のはしりのものに注目があつまるのは仕方のないことですが、やはり遅いには遅いの理由もあり、魅力もあると、この春は土をさわって感じています。

 

 

 

P5054355.jpg 

 

奥藁科ウェブの会ホームページには、大川地区の情報がたくさん紹介されています。ブログページへのコメントもお待ちしています。

 

大川小学校ホームページでは、日頃の子どもたちの活動が詳しく掲載されています。