移住者さんの生活記録

籾殻燻炭(もみがらくんたん)に初挑戦しました

 

  籾殻燻炭.jpg

 

 

 もみがらは、こちらでは「すくも」とも呼ばれているそうです。イモ類やしょうがの保存に重宝ですが、これを燻炭にすると、土壌改良材や育苗用に重宝するらしいと知りました。のんびりと数時間かけて手作りする山の知恵仕事...やってみたい!

 

 ヤル気ばかりで何もない私に、籾殻も広い畑も、燻炭器も貸してくれたのはNさんです<(_ _)>

 

 説明書通りに、畑のまんなかで焚火を起こして、じょうごを逆さにしたようなエントツを立てます。

 

 周囲にもみがらを厚くかぶせて、時を待ちます。初めてなので気になって、何度も切り返しました。

 

 時々ぱちぱちと、ごまがはじけるような音を立てながら、もみがらの山はゆっくりと黒くなっていきました。

 

 出来上がった燻炭は、畑いっぱいに広げました。煙と、炭のにおいとが、カモシカ除けになって畑を守ってくれるといいなあ~~。

 

奥藁科ウェブの会ホームページには、大川地区の情報がたくさん紹介されています。ブログページへのコメントもお待ちしています。

 

大川小学校ホームページでは、日頃の子どもたちの活動が詳しく掲載されています。