移住者さんの生活記録

3年間ありがとうございました

 

 

 

untitled.bmp

 

大川地区は、例年よりも早い春をむかえています。

ヤマザクラは早くも盛りとなって、来週の「大川お茶祭り」までもつかどうか心配です。

山菜はこれからがシーズンですが、先日もう、まるまると美味しそうなワラビ、ゼンマイを見つけました。

 

我が家でもこの春、子どもが無事小学校を卒業できました。こちらの中学で引き続きお世話になることを、周りの方々からも喜んでいただいています。

親として正直にいえば、全校が10人に満たない中学に子どもを進ませることに、葛藤もありました。家族全員で望んだ移住とはいえ、子どもの年齢が上がってくるにしたがって迷いも出てきました。もしも「どうしてもマチの学校で、この部活に入りたい」と言い出したらどうしよう。親としては子どもの意志を第一にして応援してやりたいが、面目は立たないな。なんていうことも考えました。

 

でも、小中合同でのPTA活動を通して 中学校の先生方との面識も増えて、本音のやりとりもでき、とくに校長先生が、ここでの小規模教育に絶対の信頼をおいていることがわかりました。メリット、デメリットはもちろんあるけれども、大川中学校ならではの教育を受けていく娘の成長が、今はとても楽しみです。何より娘自身が、中学校生活を前向きに、楽しみにしていることがうれしいです。

 

住民の数も、子どもの数も、先細りが数字としてみえていますが・・・

25年度は大川地区の振興協議会でも、移住促進を大きなテーマとして活動していくことが決まっています。若い世代の方(含む・移住希望者)にむけて、大川地区の自然や、移住情報をアピールして、年4回の行事も組みます。お茶摘みや川遊び、きこり体験などを計画中です。

私たち家族もスタッフとして、参加するつもりです。移住の成功事例になれるよう(^-^)今後もここで、生きていきます。

 

3年間、移住者として市のホームページに日々の記録を書く機会をいただきました。

今後このブログがどうなっていくかは、中山間地振興課さんからの指示を待っていますが、たぶんここで一旦、私は更新終了となると思います。

新参者の視点から、山里暮らしの魅力をアピールするという目的がありましたが、大役でした。それでも楽しみにしているヨという声がうれしかったです。つたない文章を読んでいただいてありがとうございました。

今後もオクシズから読める形にしていただけるそうなので、大川地区に限らず、山里暮らしに興味をもっている方々の、参考になればうれしいです。

 

これからは奥藁科ウェブホームページなどで、情報発信を続けていきます。オクシズホームページから、大川地区の情報を検索できるような形になれば嬉しいなと思っています。

 

さて、一週間後には大川お茶祭り。日向集落の春祭りも同じ日におこなわれ、娘が舞役、お父さんが楽人で参加します。

午後からは地元出身の佐藤愼哉さんのお花見ライブです。大川ご当地ソング「ひなたうた」「大川音頭」はCDになりました。バックコーラスは大川小学校のみんなです(詳しくは奥藁科ウェブをごらんください)。忙しい一日になりそうだ(^-^)

これからもここで、大川で、子どもたちと共に生きていけることを幸せに思っています。ありがとうございました。