移住者さんの生活記録

春を感じる週でした

週の半ばに、ご近所さんから、フキノトウをいただきました(^-^)今年は遅いとみなさんおっしゃいますが、このとおり立派な出来でした。わさびの葉といっしょに、天ぷらでいただきました。

 

ふきのとうa.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、秋から飼い始めていたチャボが、ようやく玉子をうみはじめました。冬だから産まないのか、それとも先輩の赤鶏と一緒にしているからストレスがかかるのか...と心配していましたが、小ぶりのまっしろな玉子でした。早速、産室として段ボール箱を増設しました!

 

にわとりb.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜日には、先週子ども会で裏山につくった 秘密基地を、数家族で片づけてきました。鹿のフンがたくさん見つかりましたが、基地を住みかにしたかったのかもしれません(笑)

「また基地づくりしようね」

「これだけ雑木切ったから、今度は植樹したいね」「どんぐりから育てようか」などと話しました。

 

それから午後は、友人の山に置かせてもらっている シイタケのホダ木を、庭に持ってくる作業をしました。ついでに小学生たちと焚火あそび。木々の冬芽がふくらみはじめています。

 

山間地区への移住に興味がお有りの方、、、「中山間地域空家バンク」をご存知でしょうか。大川地区でも、支援員さんのご努力とみなさんのご協力で、物件が出始めています。くわしくは、こちらのページをぜひご覧ください

大川地区では、子育て世代のつながりがどんどん広がっていますよ。

 

奥藁科ウェブの会ホームページには、大川地区の情報がたくさん紹介されています。

大川小学校ホームページでは、日頃の子どもたちの活動が詳しく掲載されています。ぜひごらんください。

大川っ子くらぶ活動(2月)ヒミツの基地づくり

2月の大川っ子くらぶは、「森でヒミツの基地づくり」というテーマで、日向集落の裏山に登って、ロープや木の枝などを使ったあそびをしました。

保育園児~小学6年生までが2班に分かれて、2つの基地を作りました!

 

重い倒木をウンショウンショと運ぶ子もいれば、中に落ち葉を敷き詰めてフカフカにしようとする子もいました。「中に座れる場所があるといいね」「このへんもうすこし、長い枝が必要みたい」と、工夫しました。のこぎりを手にしたら、俄然パワーアップして、次々と枝を運んできては外壁工事?をする子も。

 

1班は広さがじまんの、明るい基地ができあがりました。2班は斜めに倒れた木をうまく利用して、屋根のしっかりした基地をつくって、みんなの名前から1字ずつとって「あかるくなるもり」と名前をつけました。

 

 

2-20-1.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2-20-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2-20-3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やんちゃな大人たちが、大木の枝にロープをかけて、ブランコを作ってくれました。子どものみならず、大人もキャーキャー(ギャーギャー?)遊べました。

 

 

 

2-20-4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2-20-5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年度から再活動をはじめた子ども会、来月はいよいよ12回目。清沢地区の「てんぐの会」さんと一緒に、活動する予定です。

 

山間地区への移住に興味がお有りの方、、、「中山間地域空家バンク」をご存知でしょうか。大川地区でも、みなさんのご協力と支援員さんのご努力で、物件が出始めています。くわしくは、こちらのページをぜひご覧ください

大川地区では、子育て世代のつながりがどんどん広がっていますよ。

 

奥藁科ウェブの会ホームページには、大川地区の情報がたくさん紹介されています。

大川小学校ホームページでは、日頃の子どもたちの活動が詳しく掲載されています。ぜひごらんください。

炭焼きのお手伝いをしました

去年の終わりに、火鉢を使い始めた記事を書きました。(→コチラです)

結局のところ、天板が熱くなるのが気になり、火鉢をこたつに入れるのはやめていましたが、炭をいじる楽しさ(家の中で、堂々と火遊びができる楽しさ♪)には すっかりやみつきになりました。

 

214-a.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなかタイミングが合わず、炭焼きのお手伝い(見学?)はできずにいたのですが、この日曜日にやっと、諸子沢のKさんの家にお邪魔してきました。

炭焼き釜から焼き上がった炭を出すのです。「どこもかしこも真っ黒になるよ」と言われていたので、覚悟の重装備です(^-^)

 

一週間ほど前に火を止めて、冷却していた窯に、Kさんが入りました。やっと大人一人が入れるくらいの入り口です。わたしの腰は、横にならないと通りません(^^

 

214-b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竹をすだれのように編んだものの上に、炭を並べて、内と外で受け渡しながら、どんどん出していきます。もうもうと灰がたちこめるわ、中腰の作業はつらいわ、いつもはお二人でしているんだと思うと大変です。

ある程度出したところで、中での作業もさせていただきました。窯の中へ入ると、ほぼ真っ暗な中に、几帳面に炭が並べられていました。全部出して、一番奥の小さな空気口まで確認したらほっとしました。

 

214-c.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外に出たら、すっかり灰かぶり姫?になっていました。Kさんにほうきではたかれて、「この歳になって、ほうきでぶたれるとは思わなかった~」と大笑い。鼻をかんだら真っ黒でまたびっくり。

 

そのあと、炭を切りそろえるのもやらせていただきました。その行程ひとつとっても繊細でした。

わたしは初めての体験で楽しかったのですが、それは生業として何十年と続けてきたKさんたちにしてみれば、甘っちょろい感傷でしょう。「何が楽しいもんかね~」と一蹴されてしまいました。私たちが体験したのは炭焼き作業のほんの一部で、農作業で言ったら収穫の部分。あたりまえだなと反省しました。

 

214-d.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、別の90代の方からも、炭焼きをしていたころのお話をきく機会がありました。

ほんの数十年前まで、炭は山の貴重な収入源で、一家をあげての冬の作業だったそうです。妹弟を世話しながら、まず窯をつくる場所を選ぶことからはじめて、炭を焼き続けた日々を語って下さいました。今ほどに針葉樹がなかった山の上からは、ずっと川沿いの集落が見渡せて、ちろちろと漏れる光に、ああ電気が通っていてええなあ、分けてほしいなあと思ったそうです。

 

その方も、Kさんもそうですが、昔はすすきなどで「こも」を編んで、炭俵をつくったそうです。その編み方を今でも覚えているときいて驚きました。次の秋にはまた、教えていただこうと思っています(^-^)

 

奥藁科ウェブの会ホームページには、大川地区の情報がたくさん紹介されています。

大川小学校ホームページでは、日頃の子どもたちの活動が詳しく掲載されています。ぜひごらんください。

 

日向の七草祭り(2012)開催されました

大川地区の伝統行事である、「日向の七草祭り」(静岡県指定無形民俗文化財指定)が、129日、無事に開催されました。

    2010年の記事はこちらです...まだ移住前に来訪した時のものです。

       2011年の記事はこちらです

今年は、日向町内会の主催で参詣ツアーも開かれ、県内各地から20名ほどもご参加頂いたそうです。そちらはまた、支援員の島村さんからご報告がありますよね!!(^^ゞエヘヘ

寒の底で、時間を追うごとに冷え込みが強まり、山里の星空も冴えわたっていました。大鍋の甘酒や焚火のまわりに人々が集い、白い息と笑顔が印象的でした。前後3日間、町内会のみなさま、おつかれさまでした。

また今年は、本来の神楽の合間に、小学生女子の「順の舞」を披露させて頂きました。本来は男子中心の祭礼なので心配でしたが、舞の復活を喜んで頂ける声もたくさんお聞きできてうれしかったです。舞の指導、着付けの世話などしてくださったみなさんに感謝します。

4月初旬の春祭りを目標に、また練習を重ねていきたいと申しています。

 

翌日(130日)の静岡新聞に、祭礼を紹介する記事を掲載して頂きました。

また、SBS静岡放送のニュース番組でも、同日に取り上げて頂きました。「日向の七草祭り」で動画検索していただければ幸いです(すみません、リンクできませんでした)。ぜひごらんください。