オクシズ100選

南アルプスジオサイト「木賊堰堤上部ほか」

「木賊(とくさ)」とは、「研草」とも書かれる植物で、砥石に似て茎でものを研ぐことができることから、名前がついたと言われています。

木賊堰堤周辺の河原では、赤石岳の命名由来である赤い石を見ることができます。

太洋底に積もったプランクトンの一種・放散虫を元としたチャートは、石英質の殻の成分により、堆積岩としては硬質であることが特徴です。

うち酸化した鉄分が含まれ赤い色のついているものを赤色チャートといいます。

 

※ 林道東俣線は、一般車両が通行できません。登山バス等をご利用ください。(南アルプスへのアクセス情報はこちら

前のページにもどる

南アルプスジオサイト「木賊堰堤上部ほか」